忍者ブログ
奥さんと二人暮らしの貧乏サラリーマンの日記です。お小遣いUP、投資、懸賞、食べ歩き(主にラーメン)、映画など、日々暮らしの中で興味のあった出来事を記しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 The Rainmakerは、1995年に出版されたジョン・グリシャムの6番目の小説です。1997年には映画化され、マットデーモンがRudy Baylorを演じました。Rainmakerとは、雨を降らせる人(霊媒師)のほかに俗語で集客集めのうまい弁護士という意味もあるようです。ジョン・グリシャムの小説の中では私利私欲にとらわれない誠実な弁護士が描かれていて、雨を降らせる人(=人々を救う人)といった良いイメージの意味でつかわれていると思います。

 学校を卒業したての弁護士Ruby Baylorが大手生命保険会社の敏腕弁護士から勝訴を勝ち取るというストーリですが、映画で見たり、自分で読んだジョン・グリシャムの小説の中では本当にありそうなストーリに感じました。そして最後に、Ruby Baylorや依頼人が手にしたのは大金ではなく、それぞれ自分の望んだものだったあたりがとても感動的に感じました。

【あらすじ】主人公のRudy Baylorは、法科大学を卒業したとたんに、就職するはずだった法律事務所が買収され同時に職を失った。しかし、保険料を払っているのにかかわらず子供の白血病治療費を保険会社に支払ってもらえない両親の弁護の依頼をすることになる。新人弁護士Rudy Baylorは、保険会社の雇った一流の弁護団を相手に訴訟を進めていく。訴訟を進めていくうちに自分の弁護士事務所に盗聴器が仕掛けられているのを知るが、盗聴しているのが保険会社の弁護団だと確信したRudy Baylorはそのことを利用して、弁護を有利に進めていく。

お勧め度:★★★★★

  
Penguin Readers Level5 「The Rainmaker」
◆著者:John Grisham
◆難易度:Level5 (Upper-Intermediate)
◆ページ数(本文のみ):86ページ
◆総単語数:24,633語
◆ISBNコード:ISBN978-1-4058-8249-1
◆ジャンル:推理小説
◆言語:アメリカ英語

英語多読の記録
◆読んだ本の累計単語数737,913語
過去に読んだPENGUIN READERS(ペンギン リーダーズ)
Ripley's Game Level5 推理小説 お勧め度:★★★★☆
The Strange Case of Dr Jekyll and Mr Hyde  Level5 SF小説 お勧め度:★★★★★
The Pelican Brief Level4 推理小説 お勧め度:★★★★★
Death on the Nile Level5 推理小説 お勧め度:★★★★★
Round the World in Eighty Days Level5 ヒューマンドラマ お勧め度:★★★★★
The Mayor of Casterbridge Level5 ヒューマンドラマ お勧め度:★★★★★
On the road Level5 ヒューマンドラマ お勧め度:★★☆☆☆
Doctor Faustus Level4 ヒューマンドラマ お勧め度:★★★★☆
The Partner Level5 推理小説 お勧め度:★★★★★
Taste and Other Tales Level5 推理小説 お勧め度:★★★☆☆
The Firm Level5 推理小説 お勧め度:★★★★★
A Time to Kill Level5 推理小説 お勧め度:★★★★★
Seven Level4 推理小説 お勧め度:★★★★★
1984 Level4 SF小説 お勧め度:★★★☆☆
Emma Level4 恋愛小説 お勧め度:★★★☆☆

PR

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログランキング
アクセス数

Copyright © [ ネットでお小遣いUP大作戦! ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]