忍者ブログ
奥さんと二人暮らしの貧乏サラリーマンの日記です。お小遣いUP、投資、懸賞、食べ歩き(主にラーメン)、映画など、日々暮らしの中で興味のあった出来事を記しています。

 パソコンで映画を見たり、英語のニュースを聞くのに快適なBluetooth接続ワイヤレスを探していました。いろいろ見比べた結果、SONY MDR-ZX330BTを購入しました。決め手は手ごろな大きさでフィット感がよさそう、連続再生30時間、音質はSONYを信じました。

SONY MDR-ZX330BT

主な仕様
・ドライブユニット30mm
・Blutetooth Ver.3.0 Power Class2
・マルチポイント接続(音声再生用、通話機器用1台ずつ接続可)
・マルチペアリング(8台まで登録可)
・電池持続時間:約30時間
・充電時間:約4時間
・マイクロUSBケーブル(50cm)付属
<装着感>
 SONY MDR-ZX330BTのドライブユニットにちょうど耳が入る大きさで、頭を挟む力もちょうどいいです。1~2時間ぐらい違和感なくつけていられます。
<操作性>
 左側のドライブにニットに、電源、USB端子、音量、ジョグスイッチが集まっています。電源を入れにくいですが、音量調整や早送り等の操作はしやすいです。

SONY MDR-ZX330BT
SONY MDR-ZX330BT

 Windows10でペアリングすると、MDR-ZX330BT Hands-FreeとMDR-ZX330BTステレオの二つの再生デバイスが現れました。MDR-ZX330BT Hands-Freeで接続すると、音質が悪いのですが音が途切れにくい感じです。音楽や映画を楽しむにはMDR-ZX330BTステレオを選ばないと、音の悪さに耐えられないと思います。

Windows10再生デバイス

<充電>
 スマートフォン(ASUS ZenFone2)の充電器(PA-1070-07/DC5.2V/1.35A)がそのまま使えました。USBポータブル (SONY CP-V3B/DC5V/1.5A/2,000mAh)からも充電可能でした。マイクロUSB端子の付いたスマートフォンの充電器ならそのまま使えると思います。
<通信範囲>
 HP Paviliion Slimline400(Window10)+BUFFALO(BSBT 4D09BK)では、ほぼ6畳の部屋の中でないと音が途切れます。しかし、Zenfone2と接続した場合は、下の階のトイレまで行ってもほぼ途切れることなく聞こえます。BUFFALO(BSBT 4D09BK)は超小型モデルなので電波の届く範囲が狭いみたいです。








拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログランキング
アクセス数

Copyright © [ ネットでお小遣いUP大作戦! ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]