忍者ブログ
奥さんと二人暮らしの貧乏サラリーマンの日記です。お小遣いUP、投資、懸賞、食べ歩き(主にラーメン)、映画など、日々暮らしの中で興味のあった出来事を記しています。

 朝7:00過ぎに本宮山の登り口駐車場に向かう途中の車内から見える本宮山山頂は、もやに包まれて見えない状態でした。車についている社外温度計は2℃だったので、確実に本宮山山頂は雪が降っている状況でした。

 実際に本宮山を登り始めると20丁目を過ぎたあたりから粉雪が降り始めました。外気温が低いせいか、ウィンドブレーカーのうえに雪が落ちてもそのまま溶けずに滑っていく状態で砥鹿神社奥の院まで登りました。地面に落ちた雪も溶けることなくうっすらと地面を覆っています。深夜から雪が降っていればそれなりに積もったと思いますが、たぶん雪が降り出したのは夜明け頃だと思います。

 さすがに登山客も少なく、雪の上についている人の足跡もあまりありませんでした。まだ、人の重みで踏み固められていないのですべることなく砥鹿神社奥の院まで登ることができました。もう少し雪が積もっていれば、白銀の登山道を登れたと思うとちょっと残念です。

 雪が完全に積もると、登山靴で奥の院まで登ることはできます。しかし、下りはとても滑りやすくて危険です。年間を通して登るようでしたら、1回/年使うか使わないかの装備になりますが、軽アイゼンを持っていくことをお勧めします。



Belmont/ベルモント BS-010 軽アイゼン7SEVENセット(バンド ケース付)

価格:1,659円
(2013/2/11 15:15時点)



雪が積もった砥鹿神社奥の院
雪が積もった砥鹿神社奥の院

雪が積もった石段(奥の院前)
雪が積もった石段(奥の院前)

本宮山 登山の記録
天候 曇り
気温 登山口(7:30) 2°/砥鹿神社奥の院(8:45) -2.5°
登山開始時間 7:30
登り口~砥鹿神社奥の院までの所要時間 1:14
2013年本宮山登山のブログ内記事
気ままに本宮山 2013年1回目 元日登山
気ままに本宮山 2013年2回目



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログランキング
アクセス数

Copyright © [ ネットでお小遣いUP大作戦! ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]