忍者ブログ
奥さんと二人暮らしの貧乏サラリーマンの日記です。お小遣いUP、投資、懸賞、食べ歩き(主にラーメン)、映画など、日々暮らしの中で興味のあった出来事を記しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014年5月25日 麻酔科の医師が、麻酔の説明に来ました。全身麻酔に加えて、手術をする左腕に神経ブロックをして痛みを止めるそうです。手術を担当する看護師さんも、挨拶に来てくれました。21時以降の飲食が禁止されました。大きな手術は経験したことがなく、緊張のせいかあまり眠れませんでした。正直、体の中に金属のプレートを入れてねじで固定するなんて、ちょっと考えるとぞっとしてしまいます。

2014年5月26日 手術は13時30分からの予定です。午前中は、入浴を済ませて、右腕に点滴が始まりました。そして、手術をする腕を確認した後に、マジックでマーキングされました。手術の予定開始時刻の少し前に、看護師と一緒に手術室へ歩いて移動します。手術を担当する看護師さんと、手術室の入口で合流して手術室に入っていきます。手術台へ自分で寝ころびました。そして、口にマスクをつけられ麻酔が始まると、あっという間に意識がなくなります。次に気が付いたときには、16時頃で手術室の中でしたが手術は終わっていました。手術の結果を、医師が妻に説明していました。「骨折で約1cm骨がずれていた部分を、元の位置から2mmのところで戻して固定した。」みたいな話が、聞こえてきました。麻酔が効いているせいか、痛みはほとんどありません。

 手術後に気が付いたときには、心拍数モニタ用?のケーブルが体につけられており、尿管にはチューブがつけられてベットの上で身動きとれないような状態でした。結局、夕食は食欲がなく食べられず、一晩中眠れず苦しい夜を過ごしました。


骨折箇所をプレートとボルトで固定

上腕骨の骨折とリハビリの日々
上腕骨の骨折とリハビリの日々 第1回 受傷
上腕骨の骨折とリハビリの日々 第2回 診断
上腕骨の骨折とリハビリの日々 第3回 手術
上腕骨の骨折とリハビリの日々 第4回 リハビリ開始
上腕骨の骨折とリハビリの日々 第5回 退院

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログランキング
アクセス数

Copyright © [ ネットでお小遣いUP大作戦! ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]