忍者ブログ
奥さんと二人暮らしの貧乏サラリーマンの日記です。お小遣いUP、投資、懸賞、食べ歩き(主にラーメン)、映画など、日々暮らしの中で興味のあった出来事を記しています。

 Penguin Readers「The war of the World」Level5は、1898年に出版されたH.G.Wellsによって書かれた、世界で最も優れたSF小説のひとつのペンギン・リーダーズ版です。今から、100年以上も前に書かれたとは思われないほど、想像力に富んだ作品です。

 1938年に米国でThe war of the Worldがラジオ小説として放送され時には、本当に火星人がニュージャージーで侵略を開始したと思い込み、パニックになる人々が出るほどでした。2005年には、トム・クルーズ主演で、The war of the worldsを原作とした映画が公開されました。映画版のストーリは、現代が舞台で原作とは違う時代設定ですが、原作を思わせるようなストーリになっています。H.G.WellsはThe war of the World以外にも、The Time Machine、The Invisible Manを執筆しています。

 SF小説の古典ともいえるThe wor of the Worldですが、まだ、馬車や鉄道が主流だったりインターネットや携帯電話が出てこないあたりは時代を感じさせますが、ストーリー的には全く色あせていない感じがします。現代では、火星人がいないことは分かっていますが、この本を読み終わると火星よりももっと遠くの星から異星人が地球の侵略に来るんじゃないかっていう妄想に取りつかれてしまうほど、リアリティーのあるストーリーでした。

【あらすじ】

 地球の人々は、地表に落下した火星人の宇宙船が何であるか、最初は全く分からなかった。宇宙船の中から出てきた火星人の兵器の前に、地球人はなすすべがなく、逃げ惑うばかりであった。やがて、世界中の都市が火星人に侵略されていくが、火星人の兵器がだんだんと、動かなくなっていく。それを見た、地球人は反撃に出る。



お勧め度:★★★★★ (5
読みやすさ:★★✩

レビュー: ゴロンタ  
Penguin Readers The war of the worldsデータ
◆著者:H.G. Wells
◆難易度:level5 (Upper-Intermediate)
◆ページ数(本文のみ):80ページ
◆総単語数:27,235語
◆ISBNコード:ISBN978-1-4058-6524-1
◆ジャンル:SF小説
◆言語:英国英語

英語多読の記録
◆読んだ本の累計単語数1,091,632語
過去に読んだPENGUIN READERS(ペンギン リーダーズ)
The Testament Level6 推理小説 お勧め度:★★★★★
Walkabout Level2 ヒューマンドラマ お勧め度:★★★★★
The Chamber Level6 推理小説 お勧め度:★★★★★
Sherlock Holmes Short Stories Level5 推理小説 お勧め度:★★★★★
The Brethren Level5 推理小説 お勧め度:★★★★★
The Grapes of Wrath Level5 ヒューマンドラマ お勧め度:★★★★☆
Cold Mountain Level4 ヒューマンドラマ お勧め度:★★★★★
Rebecca Level4 推理小説 お勧め度:★★★★★
The Rainmaker  Level 推理小説 お勧め度:★★★★★
Ripley's Game Level5 推理小説 お勧め度:★★★★☆
The Strange Case of Dr Jekyll and Mr Hyde  Level5 SF小説 お勧め度:★★★★★
The Pelican Brief Level4 推理小説 お勧め度:★★★★★
Death on the Nile Level5 推理小説 お勧め度:★★★★★
Round the World in Eighty Days Level5 ヒューマンドラマ お勧め度:★★★★★

PR

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログランキング
アクセス数

Copyright © [ ネットでお小遣いUP大作戦! ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]