忍者ブログ
奥さんと二人暮らしの貧乏サラリーマンの日記です。お小遣いUP、投資、懸賞、食べ歩き(主にラーメン)、映画など、日々暮らしの中で興味のあった出来事を記しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  英語のリーディング力をつけたいが、いきなり新聞や雑誌を読むのは難しすぎると感じていました。英語学習者向けの本が出版されているのを知っていましたが、読み切れるかどうかわからない本を購入するのをためらっていました。そんな時、豊川市図書館Penguin Readersが蔵書されているの知ってさっそく読みに行きました。
Penguin Readersは、読む人の英語のレベルに合わせて7種類に分類されています。Penguin Readersには有名な映画やオバマ大統領の伝記的な本もあり、必ず興味の惹かれるタイトルが見つかると思います。又、無理なく読み切れるように1冊の中におさめられている単語の種類や総単語数ある程度におさめているようです。
自分のTOEIC最高得点は530点なので、レベル4に相当します。しかし今回は初めての英語読書ということで、レベル3のThe Prince of Egypt を選択しました。The Prince of Egyptを選んだのは、ディズニー映画から抜き出したきれいな挿絵にひかれたようです。
The Prince of Egyptを読んでみて思ったのは、90%以上は知っている単語でほとんど語彙には困りませんでした。文法もそれほど難しくなく、さらっと読めた感じがします。苦労したのは登場人物の名前です。海外の推理小説を日本語で読んでいても、外国人の名前は頭に入りにくいです。次は、レベル4の本に挑戦します。

Prince of Egypt データ
内容: 預言者モーゼがエジプト人に奴隷にされていたヘブライ人を開放する話です。
ページ数:64
総単語数:7,374語
ISBN-13:978-1405882002

PR

          

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログランキング
アクセス数

Copyright © [ ネットでお小遣いUP大作戦! ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]